未分類

産後も安全?Viageビューティーアップナイトブラは授乳中も使えるの?

Viageは、ナイトブラとして人気の商品。

普段から使っている人もいますが、産前・産後にViageナイトブラを使うのはどうなのでしょうか。

締め付けがあったりすると、ナイトブラを着用していいものかわからないですよね。

そこで、今回はViageナイトブラを産前・産後に着用しても安全なのか、効果などをご紹介します。

Viageナイトブラの効果

 

1.血行促進でホルモンバランスが整う

Viageナイトブラは、機能性が高いもの。

そのため、きついほどの締め付けはなく、ほどよく着圧感があります。

これにより、バストを温めてくれるのです。

バストが温まると、血行が促進されます。

産前・産後は、ホルモンバランスが乱れやすくなっています。

そのため、Viageナイトブラの着用により血行が促進されると、ホルモンバランスが整いやすくなるのです。

産前:Viageナイトブラの効果

妊娠中は、産後のために母乳を育てる期間です。

母乳は、主に血液でできているもの。

そのため、血行が促進されることはとても大事なのです。

産前から、母乳の出がよくなるように、Viageナイトブラでケアをしましょう。

産後:Viageナイトブラの効果

産後うつは、ホルモンバランスの乱れが原因となっています。

慣れない育児で忙しいにも関わらず、産後うつになると大変ですよね。

Viageナイトブラを着用し、ホルモンバランスがしっかりと整うと、「イライラ・憂鬱・疲労・情緒不安定・食欲不振・不眠」などの症状を和らげることができます。

授乳中:Viageナイトブラ効果

授乳中にViageナイトブラを着用すると、バストの血行促進が期待でき、母乳の出がよくなります。

血行が悪くなると、乳腺炎を起こす可能性があり、痛みを伴ってしまうのを防ぐことができます。

2:垂れ乳を防ぐ

Viageナイトブラは、産前・産後の垂れ乳を防ぐことができます。

産前は、ホルモンバランスの影響でバストが大きくなり、垂れやすくなります。

さらに産後は、授乳で赤ちゃんにおっぱいを引っ張られるので、垂れ乳になりがち。

忙しかったりする産前・産後は、面倒なバストケアは到底できないですよね。

そこでViageナイトブラをつけるだけで、バストケアができるのです。

ナイトブラで垂れ乳を予防すれば、卒乳後にバストアップも期待できます。

産前・Viageナイトブラ効果

妊娠中は、女性ホルモンの作用で乳腺が発達して、バストが大きくなります。

この時期は、急激な体型の変化により、サイズの合ったブラがつけられない人がほとんど。

そのため、バストの形が崩れやすいのです。

バストを支えているのは、クーパー靱帯。

バストが大きくなると寝ている間に、クーパー靱帯に負荷がかかります。

その結果、垂れやすくなるのです。

Viageナイトブラを着用すると、大きくなったバストが垂れるのを防げます。

産後:Viageナイトブラ効果

産後は、体重の減少や授乳などで、ボリュームがなくなってきます。

母乳育児や忙しさによって、妊娠前よりも痩せてしまう人もいます。

バストは9割脂肪でできているもの。

そのため、痩せるとバストも小さくなるのです。

卒乳後も、できるだけ大きなバストをキープしたいですよね。

Viageナイトブラには、バストアップ効果もあります。

着用するだけで、バストが小さくなるのを防ぐことができますよ。

授乳中:Viageナイトブラ効果

授乳中はバストが大きくなるため、ナイトブラをつけないと垂れ乳になる可能性があります。

また、授乳で赤ちゃんにおっぱいを引っ張られるので、垂れ気味になってしまうことも。

卒乳後に垂れたりしないようにするには、Viageナイトブラでケアしておきましょう。

3.肩こりや頭痛などが改善する

産前・産後は、ホルモンバランスにより自律神経のバランスも乱れます。

すると、肩こりや頭痛など不快症状があらわれやすくなります。

Viageナイトブラで血行を促進。

ホルモンバランスを改善すれば、このような不快症状も改善されます。

産前:Viageナイトブラ効果

妊娠中は、ホルモンバランスの乱れが原因で自律神経症状を起こしやすくなっています。

特に、食欲不振・めまい・不眠などの症状が出やすくなります。

つわりに加えて、こういった不快症状がでたら辛いですよね。

Viageナイトブラで血行促進すると、ホルモンバランスが改善。

結果、このような不快症状も緩和されます。

産後:Viageナイトブラ効果

出産すると、女性ホルモンの量は激減します。

そのため、産後は体調不良を起こしやすくなります。

また、出産や育児による疲れで、自律神経症状が起きやすくなっています。

母体もしっかりと回復していないので、不快症状は避けたいところ。

産後もViageナイトブラをつけると、ホルモンバランスが改善。

着心地もいいので、しっかりと熟睡できるはずです。

授乳中:Viageナイトブラ効果

授乳中は、バストに重みがあり肩が凝りやすくなります。

肩こりから、頭痛や吐き気など起こす人も少なくはありません。

さらに、夜中も赤ちゃんにおっぱいをあげるので、常に寝不足ですよね。

Viageナイトブラでホルモンバランスを改善し、不快症状を和らげましょう。

産前・産後・授乳中のナイトブラの選び方で viageを選ぶ理由!

Viageナイトブラを着用することで、たくさんの効果があります。

しかし、サイズなどがあっていないと、強いしめつけにより副作用を起こすこともあります。

そこで、ナイトブラのサイズ選びの注意点をお伝えします。

1.産前のナイトブラの選び方

妊娠中は、バストのサイズが2カップほど大きくなります。

そのため、ナイトブラを選ぶときは、カップの大きさが調節できるものがおすすめ。

パッドが取り外せたり、伸縮性のいい生地のナイトブラがベストです。

2.産後のナイトブラの選び方

産後すぐであれば、バストは2カップ以上も大きくなっています。

ナイトブラが苦しいと感じたら、ゆったりサイズのものにかえましょう。

バストは少しずつ小さくなり、産後1年で元のサイズに戻ります。

人によっては、育児疲れなどで痩せて、元のサイズより小さくなることもあります。

バストの変化を見ながらパッドで調節したり、最初のナイトブラに変えたりしましょう。

3.授乳中のナイトブラの選び方

授乳前は、胸が張ってきます。

これは、母乳のために乳腺が働いているから。

そのため、授乳前はバストのサイズが少し大きくなります。

サイズの変化に対応できるような伸縮性のいいナイトブラがおすすめです。

③  viageナイトブラがきついときの特徴

1.背中の痛みがある

きつめのナイトブラを着用していると、背中の痛みを感じることがあります。

背中が痛くなると、なかなか寝られなくなるもの。

背中の痛みが出ないように、サイズ展開の豊富な、伸縮性のいいブラを選ぶようにしましょう。

伸縮性が悪いナイトブラだと、しめつけにより背中が痛くなります。

そのため、産前・産後にはおすすめできません。

2.胸がつぶれる

サイズの合っていないナイトブラをつけると、胸がつぶれて苦しく感じます。

ナイトブラで胸がつぶれると、バストの形が悪くなってしまうことも。

そのため、1サイズ展開のナイトブラはおすすめできません。

伸縮性のある生地で、パッドで胸の形をきれいに整えてくれるナイトブラがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか。

産前・産後は、誰でもバストが大きくなり、ケアが難しくなる時期です。

その時期をどのように過ごすかで、その後バストが垂れることを防ぐこともできます。

Viageナイトブラは、産前・産後でもおすすめのナイトブラ。

血行が促進され、ホルモンバランスを整えてくれます。

ただし、しっかりとあなたのサイズに合ったものを着用しましょう。