モグワンドッグフードを食べる犬と食べない犬の特徴を解説!

犬の健康を意識して開発されたモグワンは、ヒューマングレードの食材を利用し、バランスのいい栄養成分が豊富に詰まっています。そのため、犬がいつまでも元気でいられるように、毎日の食事を安心して与えることが可能です。

しかし、中にはモグワンを食べないという犬もいるようで、食べさせるために工夫を施している飼い主もいると言われています。今回は、モグワンを食べない理由と、食べさせるために必要な対策を紹介していくので、参考にしてみてください。

目次

モグワンを食べない犬がいる3つの理由とは?

犬の栄養バランスを考えて開発されたモグワンは、毎日の食事として与えることで、健康的な日々を過ごすことができます。ただ飼っている犬によっては、モグワンを食べようとしない犬もいるので、その場合はどのような理由が関係しているのでしょうか。

モグワンを食べない理由について、具体的に紹介していくので、参考にしてみてください。

1.他のドッグフードで味が慣れている

モグワンを与える前に、他のドッグフードを与えている場合は、以前から与えているドッグフードの味に慣れている可能性があります。特に味付けが濃いと言われている市販のドッグフードを与えている場合は、モグワンの味が薄いと感じる犬もいるかもしれません。

また人間の食事を習慣的に与えている場合は、人間の食事の味の方が濃い傾向にあるため、モグワンの味付けが薄いと感じて、食べることをしない可能性があります。美味しい味を覚えてしまったために、モグワンを食べない恐れがあるので、人間の食事を与えている場合は、すぐに辞めることを意識していきましょう。

人間の食事は味が濃いため、犬にとっては体に悪い影響を与えてしまいます。病気や肥満の原因になることもあるので、速やかに食事習慣を改善するようにしましょう。

2.初めてのドッグフードに抵抗がある

モグワンを初めて食べさせる場合は、いつもと違うドッグフードに警戒や抵抗がある可能性があります。特に、見たことがない物には警戒心を強める傾向にあるため、根気強く与えていく必要があるでしょう。

最初は警戒していても、徐々に興味を示していくので、食べ始めるまで気長に待っていくことをおすすめします。香りがいいモグワンであれば、最初は食べない状態でも、徐々に食べるようになっていくので、慣れさせるためにも与え付受けてみましょう。

3.病気や体調不良

モグワン以外にも、食事自体食べないようであれば、病気や体調不良による食欲不振の可能性があります。放置していると、症状が悪化してしまう恐れがあるため、早めの通院を心掛けて、治療するようにしましょう。

食欲不振以外にも、下痢や嘔吐といった症状が出ているのであれば、病気の可能性が高いので、普段と様子が違うと判断した場合は、速やかに診察してもらってください。

【与えた後】モグワンを食べない時に対処したい4つの方法!

毎日の健康のために、モグワンにドッグフードを切り替えたものの、食べないようであれば、工夫を施して食べるようにすることが大切です。モグワンを食べない場合に、どのような対策を講じればいいのか、詳しい内容を紹介していきます。

1.おやつや間食を与えない

普段からおやつや間食を与えている場合は、モグワンを食べる前にお腹が満たされている可能性があるので、モグワンを食べさせるためにも、おやつや間食の習慣を無くしていきましょう。

またジャーキーといったおやつを与えていると、味や香りが強いことから、モグワンの食いつきが悪くなってしまう恐れがあります。人間が食べる食事も、同様に味が濃い傾向にあるため、モグワンを食べないきっかけになってしまう可能性があるでしょう。

モグワンを食べさせるためにも、おやつや間食を与えずに、食べるまで待ってみてください。

2.モグワンを与えて10分食べなければ下げる

モグワンを食べない状態が続いているのであれば、一度与えてから10分経った後に、モグワンを下げてみてください。そこから、お腹が減るのを待ち、お腹が減ったら与えるようにしてみましょう。

与えられたドッグフードが気に入らなければ食べない犬も多いため、慣れさせるためにも食べなければ、食事が下げられるということを意識させることが重要です。

下げる必要があるのは、いつまでもドッグフードを入れたまま放置すると、お腹が空いた時に食べればいいと、ムラ食いが定着してしまうためになります。

正しく栄養を摂取することを意識させるためにも、与えたドッグフードを食べない場合は、一度下げることを意識して行っていきましょう。

3.食べやすいようにふやかせる

モグワンが硬くて食べられない子や歯に異常があることで、食事を食べないという子には、食べやすいようにふやかしてあげることも重要です。熱湯は犬がやけどをしてしまう恐れがあるので、ぬるま湯でふやかしてあげましょう。

水分量を徐々に減らしていき、最終的にはカリカリの状態でも食べることができるように、配慮してあげてみてください。

4.モグワンにアレンジなどのトッピングをする

モグワンの味付けが慣れていない場合や普段のドッグフードの味が濃い場合は、モグワンにトッピングを施し、食いつきがいいように工夫をしてみましょう。

トッピングの内容は、犬の好みに合わせてヨーグルトやささみ、チーズといったものにし、味や香りを強い物にすると、普段の食事よりも食べてくれるようになります。

ただトッピングに慣れてしまうと、トッピングないと食事をしなくなってしまうので、徐々にトッピングの量を減らしていき、最終的にはトッピングがなくても食事が出来るようにさせることが大切です。

【与える前】モグワンを食べないと悩まないようにする3つの方法!

給餌量などを理解した後は、モグワンに切り替える時の注意点を把握しておく必要があります。モグワンは愛犬の健康を考えて製造されているドッグフードですが、どのような点に注意しないといけないのか、詳しい内容を紹介していくので、参考にしてみてください。

1.他のドッグフードを与えている場合は少しずつ切り替える

市販のドッグフードなど、モグワンを与える前に、他のドッグフードを与えている場合は、急にモグワンに切り替えると愛犬が警戒して食べない可能性があります。

また与えているドッグフードの種類によっては、便秘や下痢の原因になる恐れもあるので、慎重に切り替えることが大切です。

基本的に、完全にモグワンに切り替えるタイミングとしては、1週間~2週間ほどがベストといえるでしょう。それまでは、以前のドッグフードを混ぜながら、少しずつモグワンに慣れさせていくことが重要です。

2.モグワンを子犬に与える場合は複数回に分ける

通常、愛犬に与える食事の回数は、1日1回~2回程度が妥当です。しかし、子犬の場合は、消化器官が未発達であるため、モグワンを与える場合はさらに複数回に分けて与えることが大切になります。

子犬に与えるモグワンの回数は、平均的に3回~5回に分けて与える方がいいでしょう。消化器官が弱い子犬に、モグワンを与えすぎると負担をかけてしまう可能性があるので、複数回に分け、1日の給餌量を守って与えるようにしてください。

3.子犬にはふやかして与える

モグワンはドライフードであるため、子犬には少し硬い印象があります。硬い状態のまま、子犬にモグワンを与えてしまうと、喉を詰まらせてしまうことがあるので、注意が必要です。

またモグワンをふやかす時には、熱湯を使用しないようにしましょう。熱湯であると、子犬が火傷を負ってしまい、食欲不振に繋がる恐れがあります。栄養素も熱湯によって失われてしまう可能性があるので、適度なぬるま湯でふやかしてあげるようにしてください。

まとめ

モグワンは、犬の健康のためにはおすすめのドッグフードです。しかし、犬によっては食べないといった行動を取ることがあります。

理由は様々ですが、以前に与えているドッグフードがあれば、親しんだ味の方を好む傾向にあるため、好き嫌いをしている可能性があるでしょう。

また警戒して、モグワンを食べない場合は、時間をかければ、徐々に食べるようになるので、気長に待つことが大切です。

購入したモグワンを愛犬が食べない場合は、今回紹介した対策を講じて、食べられる環境を整えていきましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる